1. 育毛ならプロペシアとミノキシジル
  2. 薄毛治療の種類

薄毛治療の種類

薄毛で悩んでいる場合、病院ではどのような治療がされるのでしょうか?現在は主に下記のようなものになります。

HARG(ハーグ)療法

再生医療を応用した最先端の毛髪再生治療です。認定を受けた医療機関のみで受けられる治療です。毛髪が再生する有効成分を注射で打つ事により、ダイレクトに頭皮に与えていきます。様々な成長因子が取り込まれている「HARGカクテル」と呼ばれる有効成分を頭皮に与え、毛根まで届けることにより、増毛が促進されます。

アレルギー物質は含まれておらず、副作用はありません。男性だけでなく女性も利用できます。ただし痛みを伴う場合があります。個人差はありますが、3カ月から8カ月は続ける必要があり、5回から10回程度の通院が必要になります。費用は保険適用外なので1回10万円程度かかり、複数回通院が必要なので総額数十万円から100万円以上になることもあります。また、効果に対しては意見がわかれ、高いお金を払っただけで全く効果がなかったという声も多いようです。慎重に検討する必要があります。

塗るタイプの育毛剤

発毛成分が配合された塗るタイプの育毛剤を使用します。育毛に必要な栄養を毛乳頭に届け、働きを活性化させる事で育毛を促進します。ただし、塗るのが手間であったり、塗りムラがあったりするなどのデメリットもあります。効果は早ければ1、2カ月で現れる事もあります。

育毛効果のある内服薬

現在最も利用されていて、効果の高い治療法です。塗るタイプのような手間もなく、塗りムラもありません。服用をしてから効果が出るまでに半年から1年ほどかかりますが、8割以上の方に育毛効果が見られます。服用薬なので血液とともに頭皮まで運ばれます。十分な量の有効成分が届くので、塗るタイプよりも効果が高いと言われています。プロペシアミノキシジルが有名ですが、このふたつを併用する事で、より高い育毛効果が得られます。進行してしまったAGAには併用する事が推奨されています。