1. 育毛ならプロペシアとミノキシジル
  2. ジェネリックとは

ジェネリックとは

ジェネリックは最近は日本でも普及し始めているので、病院や薬局で勧められる機会も増えてきたのではないでしょうか。そもそも、医薬品には、先発薬とジェネリックと呼ばれる後発薬の2種類があります。

薬の特許

薬は最初に販売されたものは、特許によって約20年守られ、他の製薬会社からは販売できないようになっています。新薬の開発には億単位の費用と10年以上の年月がかかるので、この新薬の利益によって、新薬を販売した会社は開発費などを回収します。この制度がなければ新薬を開発しようという会社がなくなってしまい、医薬品の発展は望めなくなってしまうので、大変大切な制度です。

特許が切れた後に他の製薬会社から販売されるのがジェネリックです。既にある薬の成分なので、販売するのに費用も時間もそれほどかからない為、新薬の2割から7割程度の低価格で販売する事ができます。

ジェネリックの違い

ジェネリックは有効成分の種類、量と用法用量、効果効能は同じでなければならず、変えてもいい部分は薬の形、色、味、添加物などです。ジェネリックの方が飲みやすい形や味に改良されている事もよくあります。安全性についても国の厳しい審査をクリアしたもので、副作用なども新薬とほぼ同じとされています。人によってはごく稀に効き目などに違いがある場合もあるようですが、新薬とジェネリックは価格以外はほぼ同じ薬です。

世界の殆どの国はこのような形になっていますが、インドは薬事法が異なり、販売されたばかりの新薬のジェネリックも販売されています。インドの薬の品質は世界トップクラスと言われ、国境なき医師団などでも利用されているので、安全性は確かなものです。

プロペシアのジェネリック

プロペシアのジェネリックのフィンペシアも販売されていて、日本の病院でプロペシアを処方してもらうと1錠250円前後になりますが、フィンペシアは1錠50円以下と5分の1以下になります。日本では販売していませんが、海外通販サイトを利用すれば購入できます。安く購入したい方は是非利用してみましょう。