薄毛に悩む男性へのアンセム

世の男性を悩ませる身体的な変化のひとつに毛髪の問題、単刀直入に申し上げますと、薄毛があるかと思います。

つまり、男性型の脱毛症、今ではAGAなどと横文字で言われておりなんとなく格好の良い感じもしますが、患われている本人からしたら、非常に切実な問題であり、横文字にしたって結果は同じじゃないか、毛が薄くなっていくことは恐怖以外のなにものでもない、と思われているかも知れないので私も真剣にこの問題を考えていきたいと思います。

まず、髪の毛が少なくなってきたと感じたらどうすれば良いのか、焦る気持ちを抑え、治療薬を使ってみるというのは如何でしょうか。
テレビのコマーシャルでも各種の塗り薬やスプレー等が宣伝されておりますが、実は、内服することで効果が期待できる薬もあるのです。

その代表格といえばやはりプロペシアでしょう。これは厚生労働省が認可した薬です。厚労省が何をやっているのか私は詳しく存じ上げませんが、認可したということはそれだけの効果が認められたということではないでしょうか。まさに救世主あらわるといった感じを受けます。

この薬の作用としては、毛髪に悩む男性にとっては諸悪の根源であるジヒドロテストステロンという男性ホルモンを抑える働きがありますので、髪の毛が気になったら最初に使用してみるべきものです。

次によく知られているのがミノキシジルです。これはもともと血管拡張剤としてつくられたのですが、患者さんに投与しているうちにその方たちに発毛や多毛の症状が確認されたことによりこれは髪の毛にも使えるのではないかという発想から生まれたたというのですからまさに目からうろこが何枚もこぼれおちるほどの発見だったのではないでしょうか。この薬にも服用タイプがありますが、それなりの副作用もあると言われておりますので使用する前によく確認したほうがよろしいでしょう。

私の主観ではありますが、頭髪が気になりだしたらとりあえず何より先にプロペシアを服用し、今の毛を守る、不必要なホルモンを抑制する、そして更に気になりだしたときにミノキシジルをプラスする、という方法が合理的ではないかと思います。

一昔前は、毛が抜けてきたらかつらをかぶり心をかたく閉ざすしかないという思考を持つ方もいらっしゃいましたが、今では薄毛も治療するご時世となりました。毛が抜けても気は抜かず、効果があるとされている薬を試したり、ご自分に合った方法を見つけることでかすかでも確実に前進されることを心よりお祈り申し上げます。

AGA治療の専門サイト:プロペシア通販ガイド